WebアプリケーションフレームワークとしてSpringを使ってみる。

その勉強の手始めにこれまでの記事で作成したJAX-RS(Jersey)のMavenプロジェクトをSpringに対応させてみた。

Mavenを用いて,JAX-RS(Jersey)で作成したWeb APIをJettyのServletコンテナで動かす

参考にさせていただいたのは
ぺーぺーSEの日記 – Spring 3でHello World REST (Jersey)
である。

使用したMavenは3.0.4である。

Mavenプロジェクトの雛形を作る

すると,下記のような構成のプロジェクトが生成される。

pom.xmlの記述

Jettyのサーブレットコンテナを使えるように設定。

applicationContext.xmlの作成

このファイルも必要らしい。
下記のように記述する。
このファイルはresourceフォルダ内に設置する。

web.xmlの記述

下記のように記述する。

Spring + Jerseyのサービスの作成

下記のRestTest.javaをsrc/main/java/jp/ne/sakura/www1205ufディレクトリにおいた。

最終的な構成

これまでの手順を踏むと,最終的なファイル・ディレクトリ構成は下記のようになる。

ビルドとローカルリポジトリへのインストール

下記のコマンドを実行する。

実行

APIには下記のURIでアクセスできる。

http://localhost:9095/rest/hello

すると

と表示されるはずである。